×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

なっちゃんの家 本文へジャンプ
スタジオ -R-

RIDE THE SKY
RIDE THE SKY / NEW PROTECTION
2007
Released
興奮度 ★★★☆☆

"MASTERPLAN" を脱退したドラマーの ウリ・カッシュ が、新たに組んだメロディック・メタル・バンドのデビュー作である。全体的に良い作品なのだが、同じようなミドル・テンポの曲が大半を占めていたり、どこかで聴いた様に錯覚するメロディーだったりと、マイナスのイメージが先行してしまう作品だ。もちろん、"TEARS OF ANGER" の ビョルン・ヤンソン と ベニー・ヤンソン 兄弟の味と、 "HELLOWEEN" や "MASTERPLAN" で培った ウリ・カッシュ の味が上手くミックスした様には感じるが、幾分キーボード・サウンドが多いにしろ "BEAUTIFUL SIN" や "MASTERPLAN" と非常に雰囲気が似ているため、区分けが良く理解できないのも事実である。ただ単に、ウリ・カッシュ は主導権を握れるバンドを作りたかっただけなのか?とも思ってしまう。まだまだ、これからの活躍を期待して見守って行こうと思う。

お気に入り収録曲: FAR BEYOND THE STARS

ROYAL HUNT
ROYAL HUNT / COLLISION COURSE - PARADOX U -
2008 Released
興奮度 ★★★☆☆

前作のツアー終了後に発表された ジョン・ウエスト の脱退。そして今作の発表間近に マーク・ボールズ の加入。と言ったニュースが飛び交った中で作成された今作品は、現時点でのバンド史上最高傑作を誇った作品 "PARADOX" の続編と言う事で、かなりの注目度を浴びた状態での発売となった。
しかし、余りにも大きな注目を浴びたためなのか、作品のレベルが注目度に追いついていない様に思えて仕方ない。#8 "TEARS OF THE SUN",#9 "HOSTILE BREED",#10 "CHAOS A.C." と続く終盤には、ものすごく良い楽曲がズラっと並んでいるのにも拘わらず、何ともしっくり来ないのである。更に、新加入の マーク・ボールズ の歌唱スタイルがバンドに馴染んでいないのと、あの "PARADOX" で聴けた様なキーボード・サウンドが前作以上に控え目なのも原因の一つと思える。しかし、所々に散りばめられた "PARADOX" の楽曲が引用されているのには、思わずニヤっとさせられた。
それにしても、不思議と何度も聴きたくなるのは名盤と言う事なのだろうか?

お気に入り収録曲: THE FIRST ROCKD

ROYAL HUNT / 2006
2006 Released
興奮度 ★★★★★

ロイヤル・ハントの映像ものとしては、超久々(10年ぶり)の作品である。
ここ最近は、メンバーチェンジに泣かされてきたが、ようやくフルメンバーが揃ったようで、過去にはないお互いを尊重し合うバンドへと成長したようだ。これは、映像を見ればわかる。特に、新ギタリストのマーカス・イデルとリーダーのアンドレ・アンダーセンとの絡みは、前任ギタリスト在籍時には見る事ができないパフォーマンスをしているのだ。

お気に入り収録曲: NEVER GIVE UPD

ROYAL HUNT / PAPER BLOOD
2005 Released
興奮度 ★★★★☆

オリジナル作品としては8枚目となる、バンドの分岐点となる作品である。主要メンバーが脱退した事で存続の危機であったにも関わらず、ものすごい気合がこちらに伝わってくる所が非常に良い。新ギタリストのマーカル・イデルの派手なギターサウンドに触発されたかのように、アンドレ・アンダーセンも高速・ピロピロ・キーボードが炸裂している。また、耳の障害を克服してケネス・オルセンがドラマー復帰し、喉の病を乗り越えてジョン・ウエストのヴォーカルに美声が戻って来たりと、今まで煮え切らない雰囲気の作品が続いた彼らが、完全に息を吹き返したと断言できる作品が登場した!

お気に入り収録曲: NEVER GIVE UP

ROYAL HUNT / EYE WITNESS
2003 Released
興奮度 ★★★☆☆

ここの所、彼らは無理に新しいものを求めている様に感じてしまう。この作品も、自分達のスタイルを壊してまで新しい事を演っているため、こちらの求めているロイヤル・ハントとは違うロイヤル・ハントになってしまっている。アンドレ・アンダーセンのソロ作品の方が、ロイヤル・ハントらしいと思ってしまう悲しさは何なのだろうか?

お気に入り収録曲: HUNTEDD

ROYAL HUNT / ON THE MISSION 2002
            - THE VERY BEST OF THE ROYAL HUNT
2002 Released
興奮度 ★★★☆☆

前回のベスト盤からオリジナル・スタジオ盤は2枚しか発表していないのに、もうベスト盤かよ...。これがホントに気持ちなのだが、結局購入してしまった。案の定、何も新鮮な物は見当たらない。これは、ロイヤル・ハント入門者向けに作られたのだ。そうだ!そうに違いない!(言い聞かせている自分がいる。)

お気に入り収録曲: FLIGHTD

ROYAL HUNT / THE WATCHERS
2001 Released
興奮度 ★★★★☆

"INTERVENTION (FULL VERSION)"を聴きたいがためだけに購入しなくてはいけなくなった作品。前任ヴォーカリストが歌っていた楽曲を、ジョン・ウエストが歌ったスタジオ収録曲が収録されているのは非常にうれしのだが、レコード会社は消費者を馬鹿にしているとしか思えない作品だ!去年、発売したミニ・アルバム”INTERVENTION”のライブ収録もそのまま収録されているじゃん!3部作とか言って、ミニ・アルバムを買う価値はまったくなかったじゃん!ったく、ムカツクぜ!金返せーっ!!
でも、”INTERVENTION (FULL VERSION)”の良さに興奮している自分もいる。

お気に入り収録曲: INTERVENTION (FULL VERSION)D

ROYAL HUNT / THE MISSION
2001 Released
興奮度 ★★★☆☆

3部作の2作目にあたるこの作品は、ジョン・ウエスト(アーテンション等)が加入してから2作目となるフル・アルバムであり、SF小説を基本にしたコンセプト・アルバムとなっている。ロイヤル・ハントのコンセプト・アルバムと言えば、”PARADOX”を連想するが、今回は違ったタッチの曲調が目立っている。若干、打ち込みっぽい印象もあるのだが、ロイヤル・ハントらしい”美旋律”の部分はちゃんと残っているので安心して聴く事ができた。また、”INTERVENTION”の続編は、この作品ではなようだ。
余談だが、本作品の収録曲の中に”TOTAL RECALL”という曲があり、コンセプトがSFと来たら、シュワちゃん映画のインパクトが強すぎるため、本作の内容に支障が出て困っている自分がいる。

お気に入り収録曲: SURRENDERD

ROYAL HUNT / INTERVENTION
2000 Released
興奮度 ★★★☆☆

3部作の1作目になる、ミニ・アルバムである。”INTERVENTION”と題された楽曲がリーダー・トラックなのだが、尻切れトンボの状態で曲がフェード・アウトして終わるので、非常に後味が悪い。だが、3部作と発表されているので、この後の展開が非常に楽しみである。

お気に入り収録曲:

ROYAL HUNT / FEAR
1999 Released
興奮度 ★★★★☆

ロイヤル・ハントの看板にまで成長したヴォーカリストのD.C.クーパーが衝撃の脱退をし、ジョン・ウエスト(アーテンション等)に交代してから初の作品である。ヴォーカリストの交代と共に、楽曲の雰囲気もギターの活躍が目立つサウンドに変化している。更に、1曲1曲が腰の据わった重みのある良質の楽曲なので、最初から最後まで程好い緊張を持ったアルバムに仕上がっているのが心地よい。メタル界の最高レベルに達するヴォーカリストを得た事で、彼らがますます飛躍すると思える作品と出会えた。

お気に入り収録曲: LIESD

ROYAL HUNT / THE BEST LIVE
1998 Released
興奮度 ★★★☆☆

スらのライブ音源を集めたと思われる、裏ベスト盤。それほど良い内容の作品ではないのだが、彼らの場合、楽曲がすばらしく良いので、余り損した気にはならない。この作品を普通のバンドが発表したら、まず売れないだろうな...

お気に入り収録曲: 

ROYAL HUNT / THE BEST
1998 Released
興奮度 ★★★★☆

遂に、初のベスト・アルバムの登場である。今まで、悪いと思った事がないだけに、この作品が悪くなるわけが無い。まあ、その通りだった訳なのだが、何かおまけ的な物が欲しかった。わがままな自分が、「捨て曲でも良いから、未発表曲とか収録してくれたら良かったのに...。」と思ってしまう。

お気に入り収録曲: TIMED

ROYAL HUNT / PARADOX - CLOSING THE CHAPTER -
1998 Released
興奮度 ★★★★★

新作”PARADOX”をフューチャーしたライブ盤である。本作は、CDとVHSがセットになっている限定品なので、ライブに行けなかった分、どうしても欲しかったのでゲットした。さて内容は、スタジオ盤で披露した宗教音楽のような雰囲気を、そのままライブでも再現できている。コンセプト・アルバムの再現をしたことで、リーダーのアンドレ・アンダーセンとD.C.クーパーのライブ・パフォーマンスは完璧に近い物と思えた。重さ,聴きやすさ、そして美くしさを持つロイヤル・ハントの成熟した形が、ここに収められている。

お気に入り収録曲: IT'S OVERD

ROYAL HUNT / PARADOX
1997 Released
興奮度 ★★★★★

このバンドの進化は、ものすごい物を感じる。本作はコンセプト・アルバムなのだが、1曲1曲で聴いてもすばらしい出来なので、まったく飽きが来ない。そして彼らの代名詞である美旋律,ドラマティックにスケールまでもが加わったサウンドに、文句のつけようは無く、更に哀愁感が漂うメロディーにD.C.クーパーの感情が伝わってくる歌唱が、完全に彼らの世界へ引きずり込まれてしまう。もはや、この作品よりすんごい作品に出会える事は出来るのか?ドラマティック・ヘヴィ・メタルの頂点に君臨する作品に出会えたようだ。

お気に入り収録曲: IT'S OVERD

ROYAL HUNT / 1996 - LIVE IN JAPAN -
1996 Released
興奮度 ★★★★☆

こちらは、CDと同じ”1996 - LIVE IN JAPAN -”を収録した初の映像物である。やはり、CDで音だけ聴いても良いのだが、ライブっていうのは映像で観ないと興奮しない物である。映像って事で、D.C.クーパーの妙な振り(動き)などが目に付いてしまったが、ずっと見惚れてしまう演奏に感動した。結構、スタジオ盤に忠実な演奏にも納得が出来る。

お気に入り収録曲:D

ROYAL HUNT / 1996 - LIVE IN JAPAN -
1996 Released
興奮度 ★★★☆☆

過去に発表された作品のベスト選曲的な日本公演時の2枚組・ライブ・アルバム。それぞれのメンバーの音が良い状態で録音されているので、このバンドの力量が良くわかるライブである。ソロ・コーナーなども収録されており、なかなか面白い。特にD.C.クーパーの歌唱力なんかは、「この人本当に歌がうまい」って思える。また、スタジオ・アルバムでもバック・コーラスを担当している、マリア・マクタークとリズ・ハンセンの参加が、ライブにおいても楽曲に彩りを与えている功績に拍手を贈りたい。

お気に入り収録曲: EPILOGUED

ROYAL HUNT / MOVING TARGET
1995 Released
興奮度 ★★★★☆

ヴォーカリストがD.C.クーパーに交代してからは初となるフル・アルバム。彼らの魅力である美旋律が更に磨かれ、そこにドラマティックさが加わったとなれば、個人的には唾液ダラダラ物の好物に喰らい付くのと同じ感じである。また、このサウンドにD.C.クーパーの声質がジャスト・フィットしているのもあってか、全体的に「ワンランク上の人達が聴く音楽」って感じで、とてもゴージャスな気持ちで楽しめる。

お気に入り収録曲: LAST GOODBYED

ROYAL HUNT / FAR AWAY
1995 Released
興奮度 ★★☆☆☆

新作に先駆けてのミニ・アルバム。リーダー・トラックとなっている楽曲はまずまずだが、このバンドの先行ミニ・アルバムを買っても、新作購入への魅力には繋がらない。しかし、新加入したD.C.クーパーの歌唱力には、「オッ!すごいぞ!」とは思った。

お気に入り収録曲: FAR AWAYD

ROYAL HUNT / CLOWN IN THE MIRROR
1994 Released
興奮度 ★★★★☆

正直、先行ミニ・アルバムの新曲を聴いて、退屈な作品になるのではないかと非常に不安であった。しかし、実際はデビュー作同様の”美旋律”の応酬であり、更に楽曲全体に重圧感が出ると言ったバンドの成長も感じ取れ、満足する内容であった。そしてなんと言っても、アルバムの最後に収録されている”EPILOGUE”には、完全にノックアウトされた。究極の美旋律といっても過言ではない楽曲なので、このためだけに購入してもおつりが返って来るアルバムである。

お気に入り収録曲: EPILOGUED

ROYAL HUNT / THE MAXI SINGLE
1994 Released
興奮度 ★★☆☆☆

2枚目の新作に先駆けて発表されたミニ・アルバム。でもタイトルは、マキシ・シングル。タイトルなんてどうでも良いのだが、新曲が2曲(1曲はボーナス扱い)とデビュー作からのアコースティック・バージョンが4曲といった構成で、はっきり言って何の興味も沸かない内容であるD

ROYAL HUNT / LAND OF BROKEN HEARTS
1993 Released
興奮度 ★★★☆☆

アンドレ・アンダーセン率いる、デンマーク出身のクラシカル・メタル・バンドのデビュー作である。彼らのメロディーは、”美しい”が大前提のようだ!確かに、これほど”美”を感じさせるメロディーに出会った事は無く、独特のキーボードが主体の旋律が縦横無尽に駆けまわっているのである。まだ、荒削りの部分がかなり目立つが、次作では必ず良質の作品を作り上げてくると確信できる内容である。

お気に入り収録曲: MARTIAL ARTSD