×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

なっちゃんの家 本文へジャンプ
スタジオ -E-

EDEN'S CURSE
EDEN'S CURSE / EDEN'S CURSE
2007 Released
興奮度 ★★★☆☆

アメリカ,イギリス,ドイツと、多国籍なメンバーで構成されている、メロディアス・ハード・ロック・バンドのデビュー作品である。比較的、"EDGE OF FOREVER" の様にも感じるお行儀の良い楽曲がズラッ!っと並んでいるのだが、なぜか作品の後半になるにつれて飽きが来てしまう、若干のマンネリ感はある。しかし、オープニングのイントロに続く #2 "JUDGEMENT DAY" , #3 "EYES OF THE WORLD" , #4 "STRONGER THAN THE FLAME" において、たたみかけるネオ・クラシカルっぽい早弾き系ギター・ソロの煌びやかさには素直にカッコイイと思う。今後の注目はもちろんだが、もう少し楽曲にメリハリをつけるとすんごくなる要素は秘めている。

お気に入り収録曲:  JUDGEMENT DAY

EDEN'S CURSE/ THE SECOND COMING
2008 Released
興奮度 ★★★★★

ピロピロ弾きまくるギター・サウンドがやたらと目立つ、多国籍メンバーが在籍するメロディアス・ハードロック・バンドの2作目。

今作品でも、バンドの売りであるギター・サウンドは健在なのだが、前作以上に良いのは楽曲のメロディー・ライン!
ボーナス・トラック以外では、捨て曲と思われるモノが無いのが素晴らしい。
哀愁路線の楽曲が多い中、若干メタリックな雰囲気の #10 "RAVEN'S REVENGE" やアコースティックで癒し効果がある #9 "MAN AGAINST THE WORLD" などはアルバムを飽きさせない良いカンフル剤となっている。

ここまで強力な良い曲が揃っているのだから、ライブを見てみたい!

お気に入り収録曲: SAIL ON

ELIS
ELIS / GRIEFSHIRE
2006 Released
興奮度 ★★★☆☆

いやー!これは、おしい!あと一歩で、最高にツボにはまるタイプの作品だ!ギターリフやソロはかっこいいし、リズムも心地よい。更に、シンフォニック・ゴシック・メタルにありがちな、楽曲を彩るストリングスもなかなか良い。だが、肝心のメロディーがあと一歩なのだ!イントロやAメロで期待させて置き、サビで盛り上がりそうで盛り上がらないのだ。そこが、キャッチーな哀愁メロディーだったら、アドレナリンは間違いなく大噴射しただろう。ヴォーカルのおねーちゃんも上手なので、次回作が大いに期待だったのだが、本作の完成後に脳梗塞で他界したとの事だ。これほど期待が持てるバンドは久しぶりなので非常に残念である

お気に入り収録曲: HEAVEN AND HELL

EPICA
EPICA / DESIGN YOUR UNIVERSE
2009 Released
興奮度 ★★★★☆

前作発表後に シモーネ・シモンズ嬢 が感染症を患った事がアナウンスされ、しばらく活動を停止していた彼らの復活作である。

楽曲の方は、相変わらずの圧巻する歌唱に納得する一方で、今作から加わった アイザック・デラハヤ なるギタリストの効果なのか、これまでの作品以上にギター・サウンドをフューチャーした感じに仕上がっているのが非常に嬉しい。

そして遂に、映画音楽の様な壮大なオーケストレーションも健在かつメタリックな部分も強化されて、シンフォニック・ゴシック・メタルの頂点に立った作品と思える。

お気に入り収録曲: RESIGN TO SURRENDER
               〜A NEW AGE DAWNS - PART IV〜

EPICA / INTO A NEW DIMENSION
2007 Released
興奮度 ★★★★☆

オランダ出身によるシンフォニック・ゴシック・メタル・バンドの、約2年半ぶりとなる3作目である。本作においても、今までと同一路線の美しいオーケストレーションで彩られた楽曲がずらりと並んでいる。しかし本作の特徴は、ヒンドゥー教をモチーフにしたコンセプト作品と言う事で、重々しいギター・サウンドを目立たせている分、暗黒感が際立っているのだが、比較的アップ・テンポでキャッチーなメロディーが多いので、胃もたれすることなく聴く事ができる。特に、先行で動画配信されていた #5 "NEVER ENOUGH" の存在は、今までの彼らになかったコマーシャルな楽曲だ。 シモーネ・シモンズ のヴォーカルにおける表現の豊かさや演奏陣のメリハリの利いたサウンドと、全体的に幻想的なクワイアとドラマティックに展開にする数々の楽曲に、ゾクゾクさせられて見るのは如何だろうか?

お気に入り収録曲: BEYOND BELIEF

EVIL MASQUERADE
EVIL MASQUERADE / THIRD ACT
2006 Released
興奮度 ★★★☆☆

せっかくシーンに復活をしたのに...。ここにヘンリック・ブロックマンはいなかった。後任には、元タイム・リクイエムのアポロ・パパサナシオが迎えられた新生イーヴル・マスカレードなのだが、前作と同じインパクトの無い楽曲がずらりと並んでしまった。アポロ・パパサナシオの歌唱にはまったく問題は無く、バンドサウンドにぴったりフィットしている。こんな上手いボーカリストが入ったからには、もっと楽曲のレベルを上げてもらわないともったいない。今後は、ヘンリック・フライマンと共作する良いパートナーが必要なのではないだろうか?

お気に入り収録曲: BRING ON THE WORLD

EVIL MASQUERADE / THEATRICAL MADNESS
2005 Released
興奮度 ★★★☆☆

ス作があまりにも強烈なインパクトでデビューし過ぎたせいか、本作では肩透かしを食らった様に感じてしまった。演っている内容は、さほど変わらないし楽曲自体も悪いとは感じないのだが、聴き終えた後に印象に残る曲がないのだ。しかし、引き続きゲスト参加した、アンドレ・アンダーセンのキーボード・ソロだけは圧巻である。次作では、もう少し楽曲を練り込んでからリリースした方が良いのではないだろうか?

お気に入り収録曲: BOZO THE CLOWN

EVIL MASQUERADE / WELCOME TO THE SHOW
2004 Released
興奮度 ★★★★★

元ロイヤルハントのへたうまヴォーカリスト、ヘンリック・ブロックマンがシーンに復活し、ワザリング・ハイツのサイド・ギタリスト、ヘンリック・フライマンとタッグを組んだ、ネオ・クラシカル・メタル・バンドのデビュー作である。最初から最後まで、おもちゃ箱をひっくり返した様な色々な面白いフレーズのメロディーが楽しめる。キャッチーで程好いスピード感が、聴き手を飽きさせないのもGOOD!また、ゲストとは言えアンドレ・アンダーセンとリチャード・アンダーソンがキーボード・ソロをバトルした "THE WIND WILL RISE" では、興奮度が頂点に達した。

お気に入り収録曲: THE WIND WILL RISE