×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

なっちゃんの家 本文へジャンプ
スタジオ -B-

BEAUTIFUL SIN
BEAUTIFUL SIN / THE UNEXPECTED
2006 Released
興奮度 ★★★☆☆

"HELLOWEEN" や "MASTERPLAN" で知名度のあるドラマー、ウリ・カッシュ 率いる新たなプロジェクトのデビュー作品である。まず最初にオッ!っと思うのは、なかなか力のある歌唱を披露している女性シンガーの マギャリー・ルイテン であろう。なんとなく声質が アリサ・C・マーティン に似ており、こちらの方が語尾がダレル事無く丁寧に歌っている。そして、作品としても結構な佳曲が収録されており、特に "TAKE ME HOME" で聴ける爽快なドライヴ感のあるメロディーには、納得ができた。アルバムの中盤以降になると、ミディアム・テンポの余り印象に残る楽曲がないため若干退屈にもなるが、バンドのポテンシャルは高そうなので、デビュー作品としては上出来なのではないだろうか?

お気に入り収録曲: TAKE ME HOME

BLINDMAN
BLINDMAN / PAIN FOR THE PLEASURE
2006 Released
興奮度 ★★★☆☆

前作を発表後に解散をしていたのだが、以外にも早く再結成をした日本のメロディアス・ハード・ロック・バンドの復活作品である。今回は、"CONCERTO MOON" や "DOUBLE DEALER" で活躍している島紀史の立ち上げたレーベルからの発表となっている。つまり、インディーズに戻った訳だ。と言う事で、レコード会社からの要望や押し付けがなくなった分、良い作品になるのではないかと思っていたが、興奮するようなモノを発見する事は出来なかった。中村達也のギター・ソロなどは、相変わらず優雅に聴こえて滑らかなのであるが、どの楽曲もアレンジが小さく纏っていてお行儀が良すぎるのだ。せっかくインパクトの強いルックスを持ったキーボード奏者の井上健之助がいるのだから、もっとオーケストレーションやキーボード・ソロなどの変化球が少しくらいあっても良いのではないだろうか?

お気に入り収録曲: THE SILENCE OF FATE

BLINDMAN / TURNING BACK
2002 Released
興奮度 ★★★★☆

メジャー・デビューして2作目の作品である。前作の過ちを反省したかのようで、全体的に歌メロがグッと向上している。ドライヴ感溢れる "STAY..." を筆頭に、ライブでの盛り上がりが想像できそうな "TURNING BACK" や味わい深いバラードの "THE OSEAN" などバラエティーにも富んでいて、最初から最後まで飽きが来ないのが良い。しかし、もう一つ上を目指すには平均的にまとまった演奏も大事だが、弾けたスリル感などが盛り込まれれば、更に良いと思うのだが...。

お気に入り収録曲: STAY...

BLINDMAN / BLINDMAN
2001 Released
興奮度 ★★★☆☆

インディーズ・シーンでなかなかの実績を作り上げた、日本のメロディアス・ハードロック・バンドによるメジャーなレコード会社からのデビュー作品である。本作ではどういう訳か、心に伝わってくるメロディーがない。メジャーというプレッシャーなのか、今一つ感がどの楽曲にも漂っており、せっかくの良質な演奏が空回りしている様だ。現に、彼らの代表作である "GAZE INTO YOUR EYES" のリメイクまでもがショボイ。前作,前々作が良過ぎたために、在庫切れでもしてしまったのだろうか?このバンドは、こんなレベルではないはずだ!

お気に入り収録曲:

BLINDMAN / ...IN THE DARK
2000 Released
興奮度 ★★★★☆

前作の内容をそのまま引き継いだと思われる、ミニ・アルバムである。若干、ミキシングに難があるのだが、中村達也による哀愁と泣きのギター・サウンドは、実に心地が良い。全曲とも平均水準を上回っているので、ミニ・アルバムというのが非常にもったいない気もする。

お気に入り収録曲: ...IN THE DARKS

BLINDMAN / BEING HUMAN
1999 Released
興奮度 ★★★☆☆

インディーズながらポテンシャルの高さが伺える、ギタリストでメロディー・メーカーの中村達也率いる日本のメロディアス・ハードロック・バンドによる2作目である。前作の内容を数倍レベル・アップさせたと思わせる楽曲が多々収録されており、非常に安心して聴いていられる。ノリの良い "LIVING A LIE" やメロディー良さとセンスの良いギター・サウンドが目立つ "SHINE ON"、井上健之助のキーボード・ソロが魅力的な "IT WILL BE STRONG" などと捨て曲は皆無である。日本でこのレベルのハード・ロック・バンドは珍しいと思うので、末長い活動を望みたくなる!

お気に入り収録曲: LIVING A LIE

BLINDMAN / SENSITIVE PICTURES
1998 Released
興奮度 ★★★☆☆

日本のメロディアス・ハード・ロック・バンドのデビュー・アルバムである。といってもその辺のヘナチョコ・バンドとは次元の違うオーラを放っている。このバンドの特徴は、高谷学の歌唱だろう!聴いた時に日本人は思わせない野太い声質が、インパクトを与えている。更に、楽曲の方も粒が揃っており、 "GAZE INTO YOUR EYES" での人を引き付ける魅力を持ったメロディーには、とても爽快な気持ちになれる。今後の彼らの活躍には、大注目しようと思う。

お気に入り収録曲: GAZE INTO YOUR EYES